糖尿の人は唾液の分泌が不足するので

まず、歯ブラシの毛の先を歯と歯茎の境目や、歯と歯のスキマに確実に当て、確実に掃除して食べかすを掻き出すことが大事です。

その次として、歯ブラシを支える手に力を入れすぎては逆効果なので100g~200g程度のわずかな力で歯ブラシの毛が広がらない程度にしましょう。

最後は歯ブラシをわずかに動かして、歯を1本1本間違いなく磨くことです。

ハミガキの目的はたくさんあるのですが、一番の理由は歯垢を口内から除去することで、これがうまくいかないと虫歯の一因となり、90歳で15本以上の歯を残すのは無理です。

歯石は水溶性が乏しく、粘着力があるから洗口だけでは除去がほぼ不能ですので、ブラッシングがどれだけ正しく出来ているかが決定打になるらしいです。

糖尿病と歯周病は普通に考えれば何のつながりもありませんが、両者はとてもつながりが高いのです。

糖尿病に罹患すると体の抵抗力が落ちますので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に容易に感染するようになり、その結果として歯周病にもなる人が多いのです。

また、糖尿の人は唾液の分泌量が減るので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が正常値に近づくことがあるので、ここから歯周病が糖尿病悪化の原因ではないかと考えられているのです。

血糖値が高くても自覚することができませんので、まさか自分が糖尿病だと気付いていない患者が多いのですが、虫歯の治療がきっかけでもしかしたら糖尿かもと気付くことがあるわけです。

糖尿病だけでなく、口腔内の健康は全身の健康状態に密接なつながりがあるという話もよく聞きますので、ブラッシングは時間をかけて行うようにしましょう。

ハブラシの交換をする間隔はその人次第ですが、歯科医が推奨している間隔は意外とわずかで、2ヶ月程度です。

歯ブラシは見た感じは汚くなくても、時間が経つと毛に目に見えない細菌が無数につくので、想像以上に汚いのです。

また、毛先が開いた状態だと歯と歯のすきまに先端が届かないので、歯石をきちんと除去することが不可能になるのです。

歯ブラシは毛の先端の程度に違いがありますが、どちらかと言えば普通のを使うのが良いと思います。
ベジママ

お金に余裕のあるお客をターゲットにして、品質の高いハブラシも販売されていますが、ハブラシには1本1本に予算をかけるのではなく、毎月取り替えるのが最も効果的です。